アメリカ&イギリス音楽大学ガイド

音楽留学とは何か

音楽の世界を志す人が、技術や知識を深めるために海外で生活しながら音楽の学習を行うことを「音楽留学」といいます。

音楽留学の主な目的は日本では学ぶ事の出来ない専門的な技術や知識を学ぶことになりますが、新しい国や文化に接することで新たな音楽的インスピレーションを受けることも大きな目標です。

このサイトで紹介している大学をみてわかる通り、音楽教育に関しては日本よりも進化した国がありますので幼少の頃より音楽教育を受けてきた人にとってはさらなるスキルアップのために音楽留学の道を選ぶ人も多いでしょう。また、人生の目的として他国の文化にふれることで進路の選択肢を増やすことにもなるでしょう。

さあ、このページは世界の音楽シーンのオピニオンリーダーであるアメリカ音楽留学を例にして音楽留学についてのノウハウを紹介していきます。Let's get started!

アメリカに音楽留学する場合の大学種類

アメリカ国内で音楽を学べる大学は「音楽院」「総合大学の音楽学部(および大学院)」に区分することができます。「音楽院」とは日本で言うところの「音楽大学」です(例:国立音楽大学)「総合大学の音楽学部」は日本で言うところの「4年生大学の音楽学部」相当です(例:日本大学芸術学部音楽学科)それぞれの特徴について解説します。

音楽院 Conservatory、School of Music、College of Music...

音楽院は演奏を中心に専門性の高いカリキュラムが提供されいる音楽教育専門の大学です(以降、「音楽院」と記します)。入学にあたっては高レベルのテクニックとスキルが要求されますから、音楽留学準備の専門教育を受ける事が重要です。入学の難易度については日本の大学同様、極めて入学が困難な超難関校から、日本に多くの提携校を持ち幅広く生徒を募集して、授業料を払えばごく簡単に入学できる学校もあります。クラッシック専門校はもちろん、ポップス・ジャズなども学べる学校など種類も様々です。

先人に学ぶ!音楽留学の体験談や、 海外留学をサポートするサービス情報を検索

音楽留学BLOGでは、国別や音楽ジャンルごとのカテゴリーで音楽留学体験記や海外留学をサポートする各種サービスや関連製品の紹介をしています。

総合大学の音楽学部 University Department of Music...

総合大学の音楽学部では、一般教養科目の履修や音楽以外の専攻科目なども学ぶ事ができます。音楽学部の種類は「演奏実技重視」「学術系(作曲・理論・音楽学)重視」「ジャズ研究」「最新テクノロジーによる音楽研究」等などバラエティにあふれ、授与する学位の種類や大学院研究課程の有無など、各校の特徴は多岐に渡っています。より総合的でバランスのとれた音楽教育・研究機会が提供されているのが特徴ですが、音楽カリキュラムにおいては音楽院を凌駕する歴史やレベルの大学も存在しています。

学校選びについてのあれこれ

学校選びは音楽家への道の第一歩です。音楽家としての将来のビジョンを明確にし、学ぶべきを見極めた上で学校選びをスタートする事が理想的です。日本在中時より演奏コンクールやコンテストなどに積極的に参加することで自分の演奏能力・学力・経済的要素などを客観的に把握することができますし、音楽留学のコネクションや情報を手に入れる事が出来る場合もあります。

「音楽院」か「総合大学音楽学部」か?

まずは前項目で分類した「音楽院」か「総合大学の音楽学部」のどちらに進学するかを自分のビジョンに合わせて選択するとよいでしょう。どちらの進学先を選択するかで、難易度や習得できる学位や修了認定証などが違ってきますので、しっかりとした事前調査をおこなって下さい。

奨学金制度について

ほとんどの学校で経済的サポートを行う「奨学金制度」が用意されています。海外留学生向けの奨学金が準備されている場合もあるので必ず調べておく項目の一つです。現実的には奨学金の条件や留学にかかる総費用等、経済的な問題が学校選択の最終要因になる場合が多いようです。

また、アメリカでは学校の途中編入がさかんに行われており、留学当初は経済的な問題などで第一希望の学校や学部に入学する事ができなかったお場合でも、優秀な成績をおさめて奨学金を獲得して、さらにレベルの高い大学や学部に編入してステップアップしていくことも出来ます。

入念な事前調査が必要

大学案内を取り寄せたりインタ−ネットを最大限活用して留学生の集まるフォーラムや音楽留学体験談を公開しているホームページやブログがとても有益な情報源になります。片っ端から検索して情報収集してください。時間的に余裕があれば留学候補の学校の夏期講習(サマースクール)に参加するなどして、興味のある学校の雰囲気や土地柄などを観察しておくとよいでしょう。その学校に通っている留学生から情報を得るチャンスもあります。

その他調査すべき主な項目

留学にあたっての英語力について

アメリカの音楽大学入学審査の際、英語を母国語としない人の英語能力の判定基準としてTOEFLスコアの提出が求められます。

TOEFLスコアについて

TOEFLスコアはペーパーテスト(PBT)とコンピュータを利用した試験(CBT)の2種類があり、日本国内で受験する事が出来ます。大学のレベルによって必要とされるスコアが違いますが、一般的に大学はTOEFLペーパーテストの点数で550点(CBT215点程度)、大学院で600点(CBTで250点)が必要とされている場合が多いです。(2005年9月より導入される次世代TOEFLでは、英語でのコミュニケーションを重視し、新たにスピーキング能力の測定も導入されます。)

TOEFLスコアが入学資格レベルに達していない場合でも、音楽学部のある大学付属語学学校(ESLプログラム)に条件付入学し、大学の夏休みの期間中に十分なTOEFLスコアを提出すれば、正規入学が許可される制度も用意されています。

「TOEFL免除で留学できる」に注意

日本発の留学サービスで「TOEFL免除で留学できる」を宣伝文句にしているサービスもありますが、これは正規の大学に(TOEFL免除で)入学できるわけではなく、あくまで語学研修所への留学サービスで、結局、語学留学期間だけで莫大な費用と時間が費やされて、目的としていた大学に正規入学することなく帰国するという場合も少なくないようです。

英語力はあればあるだけよい。

英語力も身につけたいという理由で、アメリカやイギリスの音楽大学への進学を選択するのはおすすめ出来ません。音楽の学習段階においては語学力が重要事項ですので、必要最低限の英会話能力と英語学力は必須です。

留学経験者は「何もわからず現場へ飛び込んだ」と武勇伝を語ってくれますが、同時にほとんどの経験者は「日本国内でも出来る語学の勉強はできる限りやっておけば留学期間をもっと有意義に過ごせた」と語っている点も見逃せません。現地に行ってしまえばなんとかなるという安易な気持ちで留学すると、英語のできない日本人や他の海外留学生だらけの語学学校にダラダラと在籍し、一体何をしにきたのか分からないというような全く中途半端な形で力尽きることになりかねません。そうならないためにも、TOEFLスコアをクリアできるように、日本にいるうちからできる限り英語力を高めておいて損はありませんし、それ以前に何よりも強い意志と情熱を持ち続けることが必要なのは言うまでもありません。

留学の流れ、必要な手続き、書類など。

願書の取り寄せから留学開始までの手続きを支援するサービスも多くありますが、ちょっとした英語力と情報収集力があれば自分で調査・手続きを行う事ができます。音楽留学のスタートとなる大事な第一歩ですから、ぜひ自分でトライしてみましょう。

a.入学願書(application)の請求

最近では大学のウェブサイトから入学願書をPDFでプリントアウトしたり、ウェブフォームや電子メールで請求できる大学も多くなってきています。総合大学の場合、大学共通の願書と各専攻別の願書と両方提出する必要があったり、留学生向けとアメリカ人向けでエントリーが分かれていたりする場合もあるので、必ず自分の該当する部門をすべてチェックします。

b.出願書類の準備

必要書類

注意:各大学の出願締切日、出願に必要な書類を調べ、締め切りに間に合うように、時間的余裕をもって留学手続きをする。

c.書類の審査、実技オーディションおよび面接

書類の審査を通過すると実技オーディションおよび面接の通知が届きます。現地に出向いて実技オーディション・面接を受けます。ここで実際に学校の雰囲気や教授陣を自分で確かめておくことができるので、後ほど学校を絞り込む際の材料になります。奨学金を取得する場合もこのオーディションで審査される場合が多いです。また、テープ審査のみで、現地でのオーディションが無い場合や日本でオーディションを開催している大学もあります。

d.合否の通知、入学手続き、渡米前準備

合格通知を受け、その大学への入学を決定した場合、入学手続きを開始します。(入学する意志がある場合は、デポジット(手付金)を支払う場合もあります。)

大学で授与される学位および修了認定証の種類

大学課程(Undergraduate)

大学院課程 (Graduate)